123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-09-30 (Wed)
人生で2度ほど死にかけた(注:自殺じゃないです><)事があるけど、
幸いにも海外ではそれほど危険な目に遭ったことがない。


バリ島で邦人女性が殺害されるという痛ましいニュース・・・。

同じくらいの年代だし、私もバリ島に一人旅をしたことがあるので
とても悲しい気持ちになった。

警察官になりすまして連れ出すなんて酷すぎる。

一泊1000円の安宿に泊まって
何事もなく無事に帰国できた私は感謝すべきなのかもしれない・・・。

亡くなられた女性のご冥福を心よりお祈り致します。




下心なく親切にしてくれる人もたくさんいるけど、
邪気むんむんで声をかけてくる人とか
あきらかにお金目的で近づいてくる人が多いのは確か。


半年滞在していた某国では
とにかく男性からのアプローチがすごかった。
外国人と結婚することが目的らしく
日本人であれば誰でも無条件でとにかくもてる。

とても残念なことに・・・
人生に3回しかない貴重な最後のモテ期
意味もなくそこで終わってしまいました。
無念です・・・。


それにしても、彼らの手口はみんな大体一緒。
マニュアルがあるんじゃないかと思うくらい。
多分、「日本人女をおとす研究会」というのがあって
時々セミナーが開かれているんだと思います。(妄想です)


●多人数のホームパーティに誘う。
●「おまえだけ特別」って感じでこっそりウインク。
●じぃぃーっと見つめて決して目をそらさない。
●誰も見ていないところで手を握ってこようとする。
●海辺に2人で行こうと誘ってくる。
●しつこく愛の言葉をささやく。


昭和の香りがするなつかしい手法ですが、
旅行中に口説かれ、そのストレートな表現にぐっときてか
実際結婚して現地で暮らしている日本人女性と何人か会いました。

当時は、みえみえのアプローチにひいていた私も
三十路の今だったらほろっときたりするのかな?

まぁ・・・こないとは思うけど。



いろんな人がいるのはどこの国も同じで、
中にはシャイで無口で積極的に話しかけてこない人がいて。

でも、口先だけじゃなく帰国後何度もメールや手紙をくれたのは
そういう人の方だったりする。

口がうまい男には要注意・・・というのは日本に居ても同じかなぁ。


出会いは奇跡っていうし、
中には人生を変えるほどの素晴らしい出会いもあるけど、
逆に上記の事件のように残酷な出会いもあったり・・・。


友人であれパートナーであれ、男女問わず
良い出会いに恵まれた人は本当に幸運の持ち主だと思います。


最後に・・・旅の思い出。↓インド洋に沈む夕日。故郷を思い出します。

画像2 002 

人気ハネムーンリゾート。↓ひとりで行ったツワモノは私くらいかも・・・。

画像2 003 
画像2 117

スポンサーサイト
| 海外旅行 | COM(2) | TB(0) |
2009-09-27 (Sun)
2時間くらい歩いてきた。

歩く。目的もなく。ただひたすら歩く。

画像2 068 画像2 077

みなとみらいを歩く。
皆オシャレをして楽しそう。私はスニーカーにラフなパンツ・・・。


マラソンやジョギングを好む人が、
「走っていると何も考えず無になれる」と言っていたけれど、
歩いている間、無になれる時間は少しもなかった。


数年前、プラトニックな恋をしていた時のことを思い出す。
胸がぎゅうぅぅっと締め付けられるような息苦しい想いがよみがえってきた。
手をつないだことも、触れたこともない人。太陽みたいな笑顔。

ほんの少しでもいいから、彼の人生の中で
こんな風に私の事を思い出してくれる瞬間があるんだろうか・・・。


子どもの頃、学校が終わって毎日見ていた夕日を思い出す。
くすんだ橙色の物体が地平線の向こうにゆっくり沈んでゆく。
あたりまえにあった景色が死ぬほど愛しくて、涙が出た。

不安も恐れもない、唯一、無でいられた時間。
どんなに戻りたくても戻れない、生涯で一番幸せだった時間。



人は今を生きている。


今を生きるために、私には過去の温かい思い出が必要です。
辛い記憶は全て頭の隅っこにおいやって、
過去の優しい思い出にだけ包まれて、なんとか今を生きています。


何年か後の未来から、その時は過去になっている「今」を思い出した時、
それは美しい思い出になっているのか、忘れたい過去なのか・・・。


なんとなく想像がついてぞっとした。


どちらでもない。


同じ事を繰り返す毎日。当たり障りのない人間関係。
思い出になるような日々を過ごしていない・・・。


将来の目標がある。未来の夢もある。
だから今をがんばる。だから今はいろんな事を我慢する。

ふと気付くと、後の安定のためにお金を貯めることしか考えていない。

夢がかなったら、目標を達成したら、
その後は私は何のために生きるんだろう・・・。


誰かのために生きられる人は幸せです。

 画像3 023

| ひとりぼっち | COM(5) | TB(0) |
2009-09-25 (Fri)
近所の子どもにボロイ家と言われました(><)

いつもわんこが窓辺で外の景色を見ているのですが↓

 画像2 039

それを見て、「あのボロイ家に犬がいるううー」と大声で叫ぶ子どもたち。
確かにかなりボロイけど・・・自覚してるけど・・・子どもって正直。

素直に育つのは良い事です。


雨漏りしないことだけが唯一の自慢という我が家、
外見だけじゃなく家の中も結構きてます・・・。

床のフローリング張替えは業者さんにやってもらって、
壁は自分で珪藻土を塗ったのですが、
↓柱をペイントしている途中で力尽きて、中途半端になっています。

 画像2 042  画像2 045
 
玄関の扉は壊れた部分をガムテープで貼ったままです。↑
この引き戸は雨の日になるとガタガタして開けづらくなるので
雨の日は宅急便とか回覧板がこないかちょっとビクビクしてます(^^;


地デジTVの配送の時とかフレッツ光の回線工事の時は
少しだけ恥ずかしかったですが・・・
何年も住んでいると開き直って気にならなくなってきました。


引越しの度に新築にこだわっていたのは何だったんだろう・・・。


見栄をはる気持ちがなくなって楽になった気はするけど
恥じらいをなくしたら女も終わりかな・・・。

| わんこのこと | COM(5) | TB(0) |
2009-09-20 (Sun)
平均月収が2000円。

アジアのある国に半年間滞在していたときのこと。
当時、その国の平均月収が日本円にしてそれくらいだと聞きました。
わが国の100分の1・・・。
貧富の差も大きいので、実際の庶民はもう少し低いかもしれません。


彼らは、外国人、特に日本人が大好き。日本人であれば無条件でもてる。
 
 日本人=お金

彼らの中ではいつまでも、強い経済大国ニッポンのイメージがあります。
日本車や日本の時計メーカー・電気機器メーカーはとても有名。
工場や支店もたくさんある。英語のほかに日本語を話せる人も多い。

日本人だとわかると、すぐにアプローチしてくる。
騙そうとする輩もいる。お金をちょろまかす。ぼったくりが多い。
日本人であれば誰でもお金持ちだと思っているのです。

最初の数ヶ月は観光客の多いエリアに滞在していたので
そんなことばかりで少しうんざりしてはいたのですが、
別のアジアの国でも同じようなことが多かったので
ある意味慣れのようなものもありました。


暫くして、ほとんど観光客のいない、日本人が1人もいない田舎を旅して。
それまでとは全く違う環境に驚きました。


全く話しかけてこない。(英語も日本語もわからない)
何かを尋ねるとジェスチャーで一生懸命説明してくれる。
バスに乗っても現地の人と同じ金額しか請求しない。
物乞いをする子供の姿がない。

ボロボロの小屋のような場所で家族みんなで暮らしている。

こちらの方をチラチラ見ながら、目が合うと恥ずかしそうに笑った女の子。
キラキラした瞳が忘れられません。


知っていることが不幸で、知らないことが幸せなのかもしれない。


何もない場所でひっそり生きる人達は幸せそうに見えました。


毎日観光客と接し、自国の何十倍も豊かな国があることを知る人達。
どんなにあがいても埋められない環境の違いに働く意欲をなくし、
通り過ぎる外国人に道端から必死で話しかける彼らの気持ちが
ほんの少し理解できたような気がしたのです。


皮肉にも・・・
外国との貨幣価値の違いを利用し売り買いして利益を得るFX。
そんな世界を知り足を踏み入れてしまった私も不幸なのかもしれません。
(実際に大変な金額をなくしてしまいました)


それでも・・・
生命の危機を感じる事の無い平和な国に生まれてきた幸運に。
たくさんの選択肢がある幸運に。
自由に夢を見る事ができる幸運に。
なによりも、生きている幸運に。
多くのことに感謝する気持ちを忘れないようにしなければ。



| 海外旅行 | COM(0) | TB(0) |
2009-09-17 (Thu)
少しプロフィールを。

27歳の時にわけあって家族と帰れる家を失いました。
それからずっと独りで生きています。


それまでの自分は今以上に甘ったれで情けない女でした。


ド田舎で育ったせいか小さい頃から都会での生活に憧れ
とにかく田舎から抜け出したい一心で高校卒業後に上京。

厳しい家計をやりくりして大学にいかせてもらったのに、
ロクに勉強もせず、単位ギリギリでなんとか卒業という有様。
そのころ学んだ(はずの)ことは何も身についていません。
ただ、卒業したという事実だけ。

働き始めてからも、当時は彼氏と同棲して生活費がかからなかったこともあり、
お給料のほとんどをブランド品や海外旅行の費用に使っていました。

一応彼はいるけど、結婚は別。 
そんな腐った考えで、より条件(学歴・給料)の良い相手を見つけるべく
毎週末の合コンが定番でした。
オトコに幸せにしてもらおうという
何とも最低最悪の思考にそまりきっていました。


でも、結局それは家族のためだったり、人から幸せに見られたいから。
それがなくなった時、独りで生きてゆくという選択肢も増えました。


半年間アジアの貧しい国をひとりで旅してみたことも、
自分の人生や考え方を変えるきっかけになったような気がします。


自分の居場所がないから、不安だから、家にこだわるのかもしれません。


29歳で、当時貯金していたギリギリの額で買えるボロ屋を買いました。
5年も住めば家賃として相殺できる位の安い家です。
それでも、住める家があるということが気持ちを穏やかにしてくれます。


丁度1年前くらいから仕事での収入が減ってきて、
資産運用のつもりで、外貨預金と同じような感覚でFXに手を出しました。

大金を失ったのは本当に辛いことで、自分の愚かさを悔やむだけですが、
高い授業料だと思って受け入れています。

FXも上手く利用すれば資産を増やせる有効な手段だと思っています。
いつかは自分なりの手法やパターンを確立して、
安定した利益が出せるようになりたいです。。

| プロフィール | COM(0) | TB(0) |
2009-09-14 (Mon)
初めてのブログをスタートします!

29歳の時に今の家を買いました。
ボロボロの小さな小さな家です。
それから数年、運命の土地と出会い新しくマイホームを建てることを決めました。

1人と1匹でのんびり暮らせるちっちゃなちっちゃな家を
ローン無しで建てるのが目標です。

・・・と言いつつ。
貯金に励み少しでも資産を増やそうと始めたFXで、
今年の一月にやってしまいました。。


最初は2万、次の日に4万、その後に10万位・・・
びっくりするくらい簡単に儲かって、
私って天才??なんて調子にのっていました。

・・・当然ながら人生そんなに甘いはずもなく、、厳しい相場の洗礼が。
瞬く間に250人ほど(正確には262人)の諭吉さんとお別れをしました。(泣)


数日間は別れが辛くて辛くて・・・
ご飯もロクにのどを通らないほど落ち込みましたが。

でもまあ、死ぬわけでもないし、又がんばればいいかーと。
1週間も経てば立ち直って、なんとか今も生きています。

メンタル面を強化して、目標達成できるように少しづつがんばっていきます!

このブログが夢への足跡になりますように。

画像1 007

| プロフィール | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。